伊豆・清水町で布施明さん「アキライス」収穫 芸能生活と収穫に「感謝」

自ら田植えした稲を収穫する布施明

自ら田植えした稲を収穫する布施明

  •  

 清水町内の水田で10月13日、歌手の布施明さんが自ら植えた米「アキライス」の収穫を行った。

布施さん自らデザインしたアキライスのパッケージ

 この日収穫が行われたのは、米生産農家・石井竹男さんが所有する水田約2300平方メートル。布施さんは今年6月に田植えを行った地点を中心に、鎌で稲穂を丁寧に収穫していった。

[広告]

 昨年、石井さんから贈られた新米に感動した布施さん。「粘りがあり、甘みがある米。丁寧に洗うことで甘みがより増していき、感動した」と話す。

 昨年の新米を贈られた感動から、布施さんは今年、自ら田植えを申し出て、田植え体験を行った。収穫まで数回見学に訪れていた布施さんは「とても楽しみにしている。米の味を多くの人に知ってもらえれば」と話す。

 収穫した米は、布施さんの芸能生活50周年を記念して「アキライス」と命名。布施さん自らデザインしたパッケージも用意し、芸能生活でお世話になった関係者への進物に使うという。

 今年の出来について、石井さんは「9月の天候不順もあり、通常から1週間から10日ほど遅れているが、日照時間は十分で収穫量は上々」と話す。

 布施さんは「田植えも稲刈りも初めての体験。おいしいお米を作るのには多くの作業が必要だと初めて知った」と話し、自身の芸能生活50周年にからめて「米も人も多くの人の手や支援に支えられ、実を結んでいく。実りがある今だからこそ、ファンや関係者に感謝をしたい」と話す。

 収穫米は、石井さんの自宅前でも販売する予定。価格は3キロ=1,000円を予定する。地方発送も可能。問い合わせは石井さん(055-931-7805)まで。