見る・遊ぶ

下田で胎内記憶ドキュメンタリー上映会-地元音楽家による演奏会も

上映会ではミニライブも行われる

上映会ではミニライブも行われる

  •  
  •  

 下田にある「ベイステージ下田」(下田市外ヶ岡)で7月21日、映画「かみさまとのやくそく」の上映イベントが開催される。

 同作品は、胎内記憶を持つ子どもたちをテーマにしたドキュメンタリー映画。胎内記憶を持つ子どものインタビューや、研究している産婦人科医や大学教授を通じて胎内記憶について探っていく。本編はナレーションなどが一切なく、インタビューも事前取材を行わず撮影。昨年12月の東京での上映を皮切りに、全国で上映会が開かれている。

[広告]

 上映会開催のきっかけについて、発起人であるミュージシャンの林健太さんは「静岡で行われた上映会にミュージシャンとして出演したときに、この映画を見て、自分の同世代や下田の人たちにもぜひ見てもらいたいと思い企画した」と話す。

 今回は上映会のほか、林さん自らが出演するミニライブも予定。「アコースティックギターによる弾き語りをメーンに考えている。昔の思い出や記憶を呼び起こし、映画をより楽しめるようなライブにしたい」と林さん。「多くの人に見てもらいたいが、特に子どもを持った母親や、現在妊娠している妊婦だけでなく、子どもと上手に接することのできない人や子育てに悩みを持つ人にも見てほしい」とも。

 上映会は10時~と13時30分~の2回。チケットは各回1,200円。問い合わせは林さん(TEL 090-6093-1156)まで。

  • はてなブックマークに追加