天気予報

11

3

みん経トピックス

函南町で奇祭「猫おどり」伊東でジャズ演奏会

沼津の公園内に「泊まれる公園」ホテル 空中に浮くテントも

沼津の公園内に「泊まれる公園」ホテル 空中に浮くテントも

吊りテントに入る山家さん

写真を拡大 地図を拡大

 沼津市愛鷹運動公園(沼津市足高)敷地内に10月7日、宿泊施設「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)」が開業した。

日中のテントスペース

 同施設は今年3月末に閉鎖した「沼津市立青少年自然の家」をリノベーションして再オープンしたもの。敷地面積はおよそ9000平方メートルの中に、旧青年自然の家の資産を活用した施設が並ぶ。

 同施設は「泊まれる公園」をコンセプトとし、運動公園をシームレスに移動できるのが特徴。施設は「旧管理棟」「旧宿泊棟」や「テントエリア」などが7日からオープン。工芸館やキャンプファイアー場については、今後順次サービスを提供していく。

 旧宿泊棟は2段ベッドが4台ほどあったものをダブルベット2台に変更し、一棟貸し出しに変更。最大8人宿泊できるスペースは、複数のファミリーたちが使うよう余裕のある造りに変更した。

 食事は沼津を中心とした食材を提供するため、地元商店との提携を行った。提供される食材はバーベキュースタイルで行うが、フォークとナイフで食べるレストラン形式を採用。屋外ダイニングのスペースには今後バーカウンターを設置するなど、非日常空間内での付加価値の高いサービスの提供を行う。

 テントエリアは定員2人のドーム型のテントが3張、テナントエリアの中央には、周囲の樹木を利用して吊り下げた円形テントが目を見張る。ドームは夜間になるとライトアップされ幻想的な雰囲気を演出。テントには大きなビニール製の窓があり、夜は星空を眺めることができるという。同型のテントに関して、同施設のマネジャー山家渉さん(23)は「日本で初の施設。オープン前から話題になっている」と話す。

 施設を見学に来た30代の女性は「実家が沼津で幼いころに遊びに来たことがある。散歩として訪れたとき、とてもびっくりしたが、家族全員がキャンプが好きなので、とても面白い。交通も便利なので、多くの人が沼津に訪れるのでは」と感想を述べた。

 同施設のリノベーションと運営は「東京R不動産」「公共R不動産」などのサイト運営を行い、リノベーションなどを中心に設計を行う建築事務所「オープン・エー」(東京都中央区)が担当する。

 山家さんは「プロジェクトのマネジメントや、ビジネスマッチングなどを担当することはあるが、自ら担当するのは初。誰もが非常に魅力のある施設と感じ、参加表明し、運営に名乗り出た」と話す。

 今後は運営を行いながら公園との連携や、カフェや芝生広場を生かした運営を目指す同施設。山家さんは「現在は首都圏を中心とした問い合わせがあり、土日の多くは埋まっている状況。地元の人の利用も含め、今後もイベントや企画を行っていき、公園にホテルがあるという魅力を発信していきたい。連泊なども考え、多用的に運営していきたい」と話す。

 宿泊料金は、宿泊棟=5万円、吊りテント=2万円、ドームテント1万6,000円。食事は夕食・朝食がセットで1人5,000円。全て消費税別。

グローバルフォトニュース