天気予報

11

3

みん経トピックス

修善寺で紅葉が見頃沼津「痛チャリ」コンテスト

修善寺・城山でラペリング体験 崖の上からの「コーヒー体験」も

修善寺・城山でラペリング体験 崖の上からの「コーヒー体験」も

標高300メートル付近の絶壁でコーヒーを楽しむ参加者(写真提供・櫻井美鈴さん)

写真を拡大 地図を拡大

 伊豆の国市にある城山(じょうやま、伊豆の国市神島)で11月15日、イベント「ラペリング体験会」が行われた。主催は週末アドベンチャートリップ。

 伊豆の魅力あるアクティビティーを紹介し観光活性化を目指す同団体。通常は東京圏内に向けてアピールしているが、今回は地元在住者や観光業向けのモニターツアーを行った。

 今回のイベントについて、企画した芹沢ことみさんは「伊豆の自然は都会在住者にとってとても魅力的。しかし、宿泊先など地元の人々が知られていないと、その魅力を十分に伝達できない。このモニターツアーは、地元の人がその魅力について体感し広げていくことが目的」と話す。

 今回のモニターツアーには、伊豆市を中心にアクティビティーツアーを提供する「アドベンチャーサポート」(伊豆市修善寺)が協力。イベントには4人の地元住人が参加した。

 当日は城山の麓から1時間ほど歩き、標高342メートルの山頂に到着。帰路は山岳救助や消防士がロープを伝って下降する「ラペリング」を体験。山頂から幾度かラペリング体験をした後、その後スタッフらがコーヒーを準備し、中伊豆が一望できるスポットでコーヒーブレークを楽しむ。

 ツアーの佳境は、高低差130メートルある崖を一度に降りるもの。参加者らはしっかりとした装備とスタッフの手助けで、崖をロープ1本で下っていった。

 アドベンチャーサポート代表の根岸尚宗さんは「今回のツアーは商品化する前のもので、怖すぎないのか、体力的にハードでないかと心配することが多かったが、参加者全員が楽しんでくれた」と振り返る。

 ラペリング体験を行った函南町在住の男性は「思った以上断崖絶壁で最初は怖くなり足がすくんだが、途中から見える絶景にやってみて楽しいと思った」と感想を話す。

 同サービスは現在、1日1組限定でサービスを提供している。「保険料や特殊な道具を使うため、ツアー料金は高いものの、初心者でも楽しめて満足のできるツアー。きっと満足できると思う」と自信を見せる。

 参加費は1人3万4,000円。要予約。

グローバルフォトニュース