食べる 見る・遊ぶ 買う

伊豆に全国5軒目のめんたいパーク 「過去最大のつぶ感」特徴に

「つぶ感を楽しんでほしい」と話す高橋さん(左)と渡辺さん。

「つぶ感を楽しんでほしい」と話す高橋さん(左)と渡辺さん。

  •  

 伊豆縦貫道塚本インターチェンジ付近に12月13日、めんたいこ専門テーマパーク「かねふくめんたいパーク伊豆」(函南町塚本、TEL 055-982-9012)がオープンする。

名物のめんたいソフトクリーム

 福岡でめんたいこの製造販売を行うかねふく(福岡県)のグループ会社が運営する同施設。大洗(茨城県)、とこなめ(愛知県)、神戸三田(兵庫県)、大阪ATC(大阪府)に次ぐ5施設目。

[広告]

 延べ床面積3220平方メートルの施設内には、めんたいこの作り方や材料となるスケトウダラについて体験学習できる「つぶつぶランド」では、マスコットキャラクターのタラコン博士とタラピヨが製造過程や製造の流れを説明。ランド内には子どもを意識した遊具コーナーなどもある。

 フードコーナーではめんたいパーク名物の「めんたいソフトクリーム」や「めんたいパスタ」「めんたいフランスパン」を提供。施設で作られるめんたいこは30種類ほど用意していて、全て施設内で製造されたものを提供する。

 同施設の高橋昌宏さんは「伊豆に出店したのは、大洗と常滑の中間地点に位置し、多くの観光客が訪れる立地を使いめんたいこの魅力をアピールしたかったから。今後は伊豆の名産とめんたいこのコラボレーションに取り組みたい」と話す。

 「かねふくのこだわりは、めんたいこのつぶ。つぶの食感にはこだわりを持って製造している。そのかねふくのこだわりを知ってもらいたく作った施設はこれで5カ所目。ほかの施設に比べて、より『つぶ感』をアピールしている。一番つぶにこだわり、遊んでいる施設だと思っている」とも。

 13日は11時からオープニングセレモニーを行う。

 営業時間は9時~19時。