暮らす・働く 学ぶ・知る

三島の建設会社が女性活躍「えるぼし」認定 「一人の声」大事に

認定証を受け取る河田社長

認定証を受け取る河田社長

  •  

 加和太建設(三島市文教町)で12月19日、厚生労働省の「えるぼし認定」の授与式が行われた。

 女性の活躍促進に対する取り組みが特に優れた企業に認定する制度。同社は、積極的に女性を雇用し、手厚い子育て支援や時短勤務などを採用。女性管理職の登用なども評価され、同制度の最高位である3つ星を獲得した。伊豆地域の認定は2社目で、県内の建設業では初となった。

[広告]

 この日は静岡労働局雇用環境・均等室の長澤達士室長が訪れ、同社の河田亮一社長に認定証を手渡した。

 河田社長は認定について、「人手不足が問題視されている中、若い世代や女性に限らず常に働きやすい環境をつくろうとしている。どれも、社員一人の声から作り上げた制度や、その人の働きやすさを考えた結果につながった」と話す。

 環境改善の未来について「それぞれの環境が良くなっていくことで、家族だけでなく地域に社員たちの思いや行動がつながっていければ。地域の元気をつくるためには、そこに住む社員の元気をつくることが重要だと考えている」と展望を話した。