食べる 見る・遊ぶ 買う

三島・村の駅に1万円超のパフェ 旬のシャインマスカット使用

およそ4人前の「ぶどう狩りパフェ」(1万1,000円)

およそ4人前の「ぶどう狩りパフェ」(1万1,000円)

  • 51

  •  

 「伊豆・村の駅」(三島市安久)内にある「TAMAGOYA(たまごや)」が9月15日から、秋の新商品を提供している。

 伊豆・村の駅は農産品の直売所や県内で水揚げされたマグロ料理専門店、おみやげコーナーなどで構成されている。TAMAGOYAは主に卵を中心したスイーツなどを取りそろえている。

[広告]

 今回販売するのは、シャインマスカットなどの旬の味覚を取り入れた7品。同店のキャンペーンは初の試みで、同店の鈴木悟史さんは「直売所には各地から秋の味覚が集まっており、来場者に上質なブドウを楽しんでもらいたいと思った」と話す。

 中でも目玉は、シャインマスカットや巨峰を使った「ぶどう狩りパフェ」(1万1,000円)。器からスイーツまで高さ50センチを超える大きなパフェで、およそ4~6人前ある。シャインマスカットだけでも3房を使っている。

 商品の特徴について「生クリームやカスタードクリームがシャインマスカットの味を引き立て、ブドウとライチの2種類のゼリーとヨーグルトで爽やかな味わいに仕上げた。パンケーキも入って食べ応えもある」と鈴木さん。「村の駅になかなか集まらない若年層を狙いたい。仲間で写真撮影しながら楽しんでほしい」とも。

 提供時間は9時30分~15時30分。

Stay at Home