天気予報

21

11

みん経トピックス

伊豆でサボテンのひな人形伊東で「八重姫」コンテスト

河津町の旅館の料理長が料理教室 「ダシの魅力」からおせちまで

  • 0
河津町の旅館の料理長が料理教室 「ダシの魅力」からおせちまで

初日に製作予定のひと皿を持つ、白水料理長

写真を拡大 地図を拡大

 河津町・今井浜にある老舗旅館「今井荘」(賀茂郡河津町)が3月13日、「今井荘料理教室」を開く。

 今井荘は1934(昭和9)年に開業した老舗旅館。部屋数は45。メインの客層は関東圏を中心とする50代の家族連れ。夏場になると目の前にある今井浜に来る海水浴客でにぎわう。

 白水倫也料理長が本格的な料理テクニックをもとに家庭で再現できる家庭料理を作る同企画。料理教室は全部で5回を予定しており、それぞれテーマを設定。最終回となる5回目には、自身でおせち料理の一部を作れるようになることを目指す。

 同教室のきっかけについて西尾恵介支配人は「施設の利用は観光客がメインだが、施設周辺の人も地域の資産と思っている。その点から、地域に何か還元できないかと考え、プロの腕で学べる料理教室を考えた」と話す。

 白水料理長は兵庫県生まれで、京都や大阪などの料理店で修業を積み、有名ホテルでの料理長を歴任。今回の教室では「ダシの基本」をテーマにした、ダシの使い方などを学ぶ。白木料理長は「通常などは粉末ダシなどでみそ汁を作っていると思うが、料理によってダシを使い分けることによって味は段違いに変わる」と話す。

 同講座ではダシの種類のほか、「ダシをひく」作業にも注力。プロの現場で使うダシのひき方だけでなく、家庭で使えるアレンジ方法などを披露。「毎日は使うのは難しいが、ダシを変えただけで家族の誰もが分かる味になる。味を通した食育を学んでもらえれば」(白水料理長)

 今後に関して、「教室は全部を通してだけでなく、単発でも参加可能。地元だけでなく、多くの人に興味をもってもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 イベント参加費は2,700円。定員は20人。応募は3月8日まで。

グローバルフォトニュース