天気予報

30

19

みん経トピックス

三島発ワサビ専用おろし板三島発マスキングテープ

東伊豆で写真家と画家がコラボ企画 写真に被写体の望む「世界観」描く

  • 0
東伊豆で写真家と画家がコラボ企画 写真に被写体の望む「世界観」描く

作品を手にする水田さん

写真を拡大

 伊豆・稲取にあるレンタルキッチン「ダイロクキッチン」(東伊豆町)で3月26日、「CROSS BREEDING」が開催された。

当日参加した稲岡さん親子の写真

 「異種交配」と名づけられた同イベントは、カメラマンの武智一雄さんと、画家の水田彩生(あやせ)さんによるコラボレーションイベント。参加者は水田さんと武智さんとの打ち合わせを行い、武智さんが写真を撮影。モノトーン、またはセピアにプリントした写真に、水田さんがペンでイラストを加える。写真とは異なる、その人の望む世界観を描くのが同企画の特徴。

 企画のきっかけを水田さんは「もともとは肖像画なども作品として描き続けてきたが、今回の武智さんとの出会いで写真と絵画との融合が何かできれば、と思ったのがきっかけ」と話す。

 この日は稲取に住む稲岡麻琴さん親子が来場。水田さんは稲岡さんと長女の郁音さんとミーティングを開始。2人とも海外童話が好きな部分を発見し、どの作品が好きか、どんな主人公に憧れているか細部までヒアリングを行い、写真は次女の宥映さんがジャンプをする形で撮影した。

 後日、水田さんは、稲岡さん親子のイメージ要望に合わせたイラストを作成。水田さんは「ピーターパンやふしぎの国のアリスが好きということを知り、100年くらい前のイギリスを舞台にし、空を飛んでるというイメージで仕上げた」と話す。

 稲岡さんは「最初は次女が写真に出たくないと言って困っていたが、武智さんたちスタッフが気持ちを和らげてくれ、最後はとてもいい写真に仕上がった。出来上がりが楽しみ」と話す。

 水田さんは「今後はペンだけでなく多彩な画材にも挑戦していきたい。人物だけでなく誰かの思い入れのある品物を撮影し、そこから聞き出したストーリーを描き出していくなど、写真だけでも絵画だけでもできないことにチャレンジしたい」と意欲を見せる。

グローバルフォトニュース