見る・遊ぶ 暮らす・働く

伊豆の道の駅で「牛乳パック富士山」展示 地元園児が制作

完成した富士山とみのり幼稚園の園児たち

完成した富士山とみのり幼稚園の園児たち

  •  
  •  

 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」(函南町塚本)で2月23日、イベント「みんなの牛乳パック富士山」が行われた。

 2月23日の「富士山の日」にちなみ企画した同イベント。現在、同施設のコミュニティ広場のステージ上に、地元特産の丹那牛乳の牛乳パック1223個を使った富士山のモザイクアートが展示されている。

[広告]

 牛乳パックは函南町内の保育園と幼稚園7施設で集められ、当日は函南町立みのり幼稚園(同肥田)の園児約70人と保護者らが集まり、富士山のモザイクアートを制作。完成後に記念撮影を行った。

 参加した同町内在住の30代の女性は「自分の子どもも含めいろいろな人が参加して作品を作ることができてとてもよかった。普段は近すぎて気にすることのない富士山だが、今日をきっかけに静岡の自慢として、自信を持っていきたい」と話す。

 同企画を担当したSBSプロモーションの廣野訓之さんは「園児たちだけでなく、保護者やご当地のゆるキャラなど多くの人を巻き込んだ企画となった。多くの人の思い出になれば」と話す。

 作品展示は2月25日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home