天気予報

33

19

みん経トピックス

伊東で「サバ奉納」支援企画に子ども記者取材

伊豆に24時間のトレーニングジム 「優しいマッチョ」集まる

伊豆に24時間のトレーニングジム 「優しいマッチョ」集まる

施設内でポーズをきめる徳丸さん(右)と杉本店長

写真を拡大 地図を拡大

 静岡県清水町に3月1日、トレーニングジム「BODY MAKE GYM BRUSH(=ボディーメークジム ブラッシュ)」がオープンした。

 およそ200平方メートルの敷地に11台のトレーニングマシンを設置する同施設。敷地内には男女別のシャワーやトイレ、コインロッカーを完備している。店内に入るには、会員専用のセキュリティーキーを利用しており、施設には24時間出入り可能。

 オーナーは三島市内で居酒屋「風土」(三島市芝本町)などを営む徳丸英純さん。徳丸さんは伊豆市土肥の出身で「小さい頃から料理好きの父の姿を見ていて、いつか自分も料理人になりたいという夢を持っていた」と話す。

 徳丸さんは高校卒業後に上京し、割烹や和食店、イタリアン、バーで修業を重ね、三島市内でカフェをオープン。その後、居酒屋を展開し、現在の芝本町に店舗を構える。「自身の店を少しずつ大きくしていき、かつて従業員だったメンバーに店舗を託すスタイルで行っている」と話す。

 徳丸さんが筋トレに目覚めたのは10年ほど前。自身の体重が増加傾向にあり、シェイプアップし始めたのがきっかけ。理由として、徳丸さんは「食べることが大好きで、食べ物を楽しく食べるためには消費を増やした方がいいと考えた」と話す。

 主に市民体育館のトレーニングルームで鍛えていた徳丸さんはトレーニングが楽しくなり、2016年にはボディービルの地方大会で決勝戦に勝ち上がるほどに。その際、フェイスブックに自身の肉体を公開したことがあり、想像以上の反響に驚いたという。「この時に、トレーニングした体の憧れでなく、トレーニングしたいニーズが多くあると感じた」と振り返る。

 徳丸さんは「多くの人に楽しくトレーニングしてほしい」と考え、月額会費も5,000円に抑えた。24時間営業する理由についても、「仕事上がりに時間がなく、トレーニングに行けない人の話をよく聞く。多くの人が楽しくトレーニングするために、この料金と価格設定にした」と話す。

 施設内には専属トレーナーはおらず、利用者が互いにコミュニケーションを取りながらトレーニングに励む。「初心者でもトレーニングしている人に指導を仰げば教えてくれる。筋肉質なマッチョには悪い人はいない」と徳丸さん。

 その理由について、「筋肉量が増えると、マイナス思考になるといわれているセロトニンの成分が減り、プラス思考になるという。ジムのメンバーも、そのせいかとてもいい人たちが多く、前向きな人が多い。ジムにはそんな優しい人たちが集まっている」と話す。

 4月には、店内の一部にカフェをオープンする予定。メニューには、トレーニングする人に向けた低カロリー・高タンパクなものやダイエットメニューなどをそろえる予定。

 杉本后優(みゆ)店長は「私自身も以前では拒食症と過食症を繰り返し、30キロ程度の体重までになることもあったが、トレーニングをすることで気持ちも前向きになり、店の運営に携わっている。私と似たような方だけでなく、多くの人に集まってもらえれば」とも。

 月末まで体験キャンペーンとして500円体験入会を実施している。徳丸さんは「ここで同じ趣味や興味の人たちが集まり、コミュニケーションしていく場所になっていければ」と話す。

 入会受付時間は火曜日を除く10時~21時。

グローバルフォトニュース