暮らす・働く 学ぶ・知る

伊豆で「企業サテライトオフィス」ツアー 地域の魅力とコミュニティーの重要さ伝える

参加者たちにサテライトオフィスの魅力を話す飯倉さん

参加者たちにサテライトオフィスの魅力を話す飯倉さん

  •  

 伊豆市にIT企業などを誘致する「伊豆市サテライトオフィス体験・交流ツアー」が10月3日、ドットツリー修善寺(伊豆市修善寺)で行われた。

 都心部にある企業を伊豆市にサテライトオフィスの移転を促進する目的で行われた同イベント。当日は東京都、熊本県、沼津市から3社が参加した。

[広告]

 イベントでは、地域の企業12社が入居する中で、ドットツリー修善寺に入居し、伊豆半島内でサテライトオフィスを展開しているシステム会社「アーティスティックス」(長泉町)や、今年サテライトオフィスを開設したアースリンクのサテライトオフィスを見学。実際に働いているスタッフの生の声に耳を傾け、意見交換が行われた。

 昼食会では、伊豆特産の原木シイタケを使ったバーベキューなどを行った。参加者からは「肉厚でジューシー、都心で食べるのと全く違う」などの感想が聞かれた。

 イベントを企画したNPOサプライズ代表理事の飯倉清太さんは「移住は簡単だが、仕事し続けること、住み続けることはとても難しい。仕事を作り、活動していくことは、コミュニティーがあることがとても重要。参加者から生の声を聞けたことは非常に有意義だった」と話す。

 都内から来た参加者の一人は「単純に地方にサテライトオフィスを出すだけなら不安だが、地域に関係性があるのは非常に魅力。地方創生のビジネスにチャレンジしたいので、他の企業や地域と連携して挑戦していきたいと感じた」と話す。