見る・遊ぶ 学ぶ・知る

みしま未来研究所で「編集会議ショー」 伊豆経5周年企画、地域の「ハッピー」考える

「幸せな楽しい話題を集めたい」と参加を呼び掛ける榎編集長。

「幸せな楽しい話題を集めたい」と参加を呼び掛ける榎編集長。

  •  
  •  

 みしま未来研究所(三島市中央町)で5月15日、イベント「伊豆経済新聞 編集会議ショー」が行われる。

 5月26日の発信5周年を記念して「伊豆経済新聞」(以下、伊豆経)が主催する同イベント。

[広告]

 伊豆経は伊豆半島全域を取材対象エリアに、2014年から現在まで計920本の記事を配信している。取材モットーは「誰もが笑顔になるハッピーニュース」。記事は事件事故などの悲しい出来事は取り扱わず、地域のユニークな出来事や人物の掘り起こしに注力している。

 イベント前半は、伊豆経の歩み紹介をはじめ、これまでの人気記事をピックアップするほか、榎編集長の印象に残った伊豆経記事をスライドショーで振り返る。

 後半は、参加者と一緒に「伊豆経のネタを切り取る角度」について編集会議を行う。テーマは5月後半から6月に行われる伊豆半島のハッピーニュースで、参加者からの応募も受け付ける。受け付けたニュースのネタは、イベント内で参加者らと話し合いを行う予定。

 榎編集長は「小さな事でも思わず笑顔になるニュースを募集する。新聞らしいニュースでなくても、聞いた人が幸せになる話題であれば歓迎したい。記者として参加したい人だけでなく、伊豆に興味のある人に参加してもらいたい」と呼び掛ける。

 「今後も定期的に読者や地元民との集まりを企画し、伊豆のハッピーを探す仲間を増やしていきたい。知られざる、笑顔になれるニュースをもっと発信していければ」と意気込む。

 開催時間は19時~21時。参加無料(要別途ドリンク代)。

  • はてなブックマークに追加