見る・遊ぶ

沼津・御用邸で高校生たちが「鬼ごっこ」イベント 御用邸のよさ伝えるきっかけに

今回の企画を行ったハイポートのメンバーたち

今回の企画を行ったハイポートのメンバーたち

  •  
  •  

沼津御用邸記念公園(沼津市下香貫)で3月28日・29日、イベント「鬼ごっこin沼津御用邸」が行われる。主催はボランティア団体「沼津ハイポート」。

 同団体は沼津市内の10の高校から約30人が集まって活動しているボランティア団体。主な活動はイベント企画やボランティア活動のほか、情報誌「ぬまづたぶろいど。」発行などを行っている。

[広告]

 団体が生まれたきっかけは、2017(平成29)年に行われた意見交換会「高校生しゃべり場inぬまづ」。団体名は沼津の自慢である港(ポート)から高校(ハイスクール)の生徒がハイスピード&ハイテンションで盛り上げていこうとの願いを込めて名付けた。

 昨年度は、地域貢献と奉仕活動を中心にさまざまなイベントに関わってきたが、本年度は、メンバーが楽しく地域貢献できるイベントを開催したいとの思いから、メンバー同士で話していく中で、「御用邸で鬼ごっこ」という企画を発案した。

 イベントは鬼ごっこを行うだけでなく、御用邸の歴史、中高生の間で流行していた「人狼ゲーム」を組み合わせた内容。存分に体を動かしたい人や御用邸にまだ足を運んだことのない人、人狼が好きな人など幅広い年齢層の参加を呼び掛けている。

 同団体代表で加藤学園暁秀高校3年の髙野怜央さんは「鬼ごっこという誰しもが知る遊びで御用邸の雰囲気の良さ、イベントの楽しさを知ってもらいたい。このイベントがきっかけでほかの市内のイベントにも参加してみたいと思ってもらえたら」と話す。

 9時30分受け付け、10時開始。参加申し込みは、沼津ハイポートツイッターアカウントで受け付ける。当日の飛び入り参加可。

Stay at Home