見る・遊ぶ

沼津の水族館で「美術館水槽」 芸術の秋にちなみ色彩豊かな6種の魚

みとしー美術館水槽

みとしー美術館水槽

  • 30

  •  

 伊豆・三津シーパラダイス(沼津市内浦長浜)で9月1日、企画展「みとしー美術館水槽」が始まった。

 水族館エントランス部分にある水槽を美術館に見立てて作った水槽の中に、バイカラードティーバック・ツユベラ・スポッテッドマンダリン・オビテンスモドキ・マンジュウイシモチ・ユビワサンゴヤドカリの6種類の色鮮やかな魚が泳ぐ。

[広告]

 同企画について、広報担当の杉原理恵さんは「秋にちなんだ特別展示を考えている中で、今年は芸術の秋をテーマにアートな視点から生物を見てもらう企画になった」と話す。

 「人間が作ろうと思っても作れない生物たちのアートな色彩や模様が特徴的。6種の魚はどれも体の模様や色が変わっている生物。来場者の目を引き、生き物の面白さを知ってもらえれば」とも。

 開催時間は 平日=10時~16時、土日祝=9時~17時。入場料は大人2,200円、4歳
~小学生=1,100円。9月30日まで(予定)。

Stay at Home