暮らす・働く 学ぶ・知る

沼津でコミュニティーフォーラム配信 「筋肉体操」の谷本道哉さんによる基調講演も

「筋トレはやるか、すぐやるか、だ」と参加を呼びかける谷本さんと娘のエマちゃん

「筋トレはやるか、すぐやるか、だ」と参加を呼びかける谷本さんと娘のエマちゃん

  • 17

  •  

 静岡県コミュニティづくり推進協議会は2月20日、「コミュニティ・フォーラム2021『変わり始めたコミュニティの役割』」をオンライン開催する。

 本年度のコミュニティ活動賞の表彰や事例発表、パネルディスカッションのほか、静岡市出身で近畿大学准教授の谷本道哉さんによる基調講演「コロナに負けない!筋肉体操『ちからみなぎる!筋肉ふじのくに体操』」を行う。

[広告]

 当初はプラサヴェルデ(沼津市大手町)で一般来場者を招いて開催する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からオンライン開催に切り替えた。同協議会常務理事の瀧昌光さんは「静岡市出身の谷本さんに講演を依頼することで、一般客に関心を持ってもらえたら」と話す。

 谷本さんは昨年5月に静岡県から依頼を受け、筋トレ動画「ちからみなぎる!筋肉ふじのくに体操」を制作。「天城峠プッシュアップ」、「反射炉スクワット」「サクラエビクランチ」など静岡県のゆかりのあるものをトレーニングの動きに結び付けたユニークな筋肉体操を動画で紹介している。

 当日は、筋肉ふじのくに体操を中心に講演と筋トレ体操を行う予定。谷本さんは「フォームを調整することで、筋力が強い人弱い人どちらにも対応できるので、ライブ配信を見ながら家で一緒に運動してほしい。『筋肉は裏切らない』はNHKのスタッフと一緒に考えた言葉だが、筋トレ中にかける言葉は自身で全て考え、自分がやっているときに自分が思うせりふ。一緒にやろうというポジティブな気持ちを込めている。キャッチコピーを考えるのが好きで、高校生の時にはコピーライターになりたいと思っていたこともある。その夢を筋肉体操でかなえようと思った」と話す。

 「コロナを乗り越えるには、筋トレに限らず何かに一生懸命前向きに取り組むことだと思う。コロナによって、うつらないよりもうつさないためにする思いやりの行動を思い出すことができた」と谷本さん。「郷土愛が詰まった『筋肉ふじのくに体操』はコロナ禍でも自宅でできる体操として考案した。自重トレーニングは出掛けなくても着替えなくてもやろうと思えば1秒でできる。筋トレはやるか、すぐやるか、どちらかだ」と視聴を呼び掛ける。

 開催時間は10時~。静岡コミュニティづくり推進協議会のユーチューブチャンネルで配信する。