見る・遊ぶ 学ぶ・知る

下田でビーチ生配信 都心に向け「下田のリアル」24時間配信

ビーチ画像と向原さん

ビーチ画像と向原さん

  •  

 下田市観光協会(下田市外ヶ岡)で現在、下田のビーチを中継するサービス「LIVE SHIMODA(ライブ・シモダ)」が行われている。

 動画配信サービス「ユーチューブ」を利用して白浜中央、外浦、白浜大浜、田牛の4カ所の海岸の状況をリアルタイムで配信する。24時間配信され、現地の天候や利用状況、海況なども確認できる。

[広告]

 同サービスの企画者である向原一平さんは、きっかけについて「昨年の都心部における長雨の影響で客足が減少したが、下田は天気の影響が少なく微増の結果になった。この天候による認識のズレを解消するために、常に下田の海岸が見られるようにできれば、と考えついた」と話す。

 向原さんは苦労した部分について「設置したライブカメラはプライバシーなどにも配慮し、広角画角を保ちながらも下田の海の魅力を伝える画角づくりが苦労した。中には配信と設置を10回以上繰り返した例もあった」と話す。

 最初の設置からおよそ1カ月経過した現在、新たな発見もあったという。「それまで日中の海は見てきたが、朝早く海水浴をする観光客なども多く、自分がイメージしていたのと異なる海岸の使い方があって、とても面白い。また、多くの人が見てくれ、コメントを残してくれる。新たなコミュニケーションが発生した」と新たな発見について話す。

 今後については、浜で行われているイベントの開催時にもライブカメラで中継することも考えているという。「花火大会など、コメント欄を見て位置を変更したり、地域のイベント告知をライブカメラで行ってもらうなどして使ってもらえれば。今後もいろいろな挑戦を行っていきたい」と意欲を見せる。

 動画はユーチューブのほか、道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」(函南町塚本)や都内観光施設で確認できる。