食べる 見る・遊ぶ

三島の商業施設で弁当企画 「レイワメシ」「ウクライナ弁当」も

日替わりの弁当たちと施設スタッフたち

日替わりの弁当たちと施設スタッフたち

  •  
  •  

 三嶋大社前にある商業施設「大社の杜みしま」(三島市大社町)で4月15日、弁当企画「大社の杜 街中ピクニック」が始まった。

 この企画では施設内にある飲食店4店と近隣の店3店、計7店が日替わりでオリジナル弁当を販売する。

[広告]

 きっかけについて同施設チーフコーディネーターの大塚徹さんは「日中のランチ需要の拡大を狙って企画した。施設内だけでなく、近隣の店にも声を掛けてバラエティーに富んだラインアップになった」と話す。

 弁当は店の定休日などもあるが、5種類から6種類が毎日並ぶ。中には、ゼロの形をした容器に入った「レイワメシ」や、スタッフの出身地であるウクライナの春をイメージした「ウクライナ2段弁当」などユニークな商品もあるという。

 大塚さんは「現在はまだ利用客のニーズを聞きながら、どのように展開していこうかと思案しながら行っている。今後も多くの人に利用されるように作っていければ」とも。

 弁当の販売は11時30分~。火曜定休。今月19日まで。

  • はてなブックマークに追加