暮らす・働く 学ぶ・知る

沼津の海岸で「サバソニ」が清掃活動 

海岸のゴミ清掃をする参加者たち

海岸のゴミ清掃をする参加者たち

  •  
  •  

 我入道海岸(沼津市我入道蔓陀ケ原)12月9日、イベント「我入道ビーチクリーン&コーミング」が行われた。

 「サバーソニック&アジロックフェスティバル」を運営する実行委員が企画した同イベント。沼津地域での開催は今回が初めて。清掃イベントには沼津市や三島市などから22人が参加した。

[広告]

 イベントを企画した西田綾子さんは「学生時代に海洋環境の問題を学ぶ機会があり、海洋環境に関心があった。自身1人で行うより、多くの人が集まり一緒に行うことで、海洋に漂着するプラスチックごみについて知ってもらいたく開催した」と話す。

 清掃前には、プラスチックごみの問題について西田さんが紙芝居形式で説明。参加した子どもたちにもわかりやすく説明を行い、清掃に取り掛かった。

 清掃活動は1時間ほどで30袋のゴミを回収した。ペットボトルや容器などのプラスチックごみのほか、中には軽自動車用のタイヤや、ゴムボールやラケットなどさまざまなゴミを回収した。

 清掃活動と同時に、参加者たちは海岸などに打ち上げられた漂流物を拾う「ビーチコーミング」活動も行った。参加者たちは波で削られたシーグラスなどを回収し、その特徴などを話し合いながら作業を行っていた。

 企画スタッフの村上萌さんは「普段からビーチコーミングを趣味に伊豆半島の海岸を回っているが、ゴミが気になることが非常に多かった。今後もみんなで楽しみながらゴミ拾い活動を続けていければ」と話す。