天気予報

26

15

みん経トピックス

三島のワインバーが「森」に伊豆・函南に「道の駅」

稲取で「雛のつるし飾りまつり」 5メートルの巨大つるしびなも

稲取で「雛のつるし飾りまつり」 5メートルの巨大つるしびなも

雛の館内にある17段あるひな壇と巨大つるし雛

写真を拡大 地図を拡大

 稲取の観光名物であるイベント「第19回雛(ひな)のつるし飾りまつり」が、1月20日から文化公園雛の館(東伊豆町稲取)を中心に始まった。

【関連画像】江戸時代から伝わると言われているひな人形とつるし雛

 同イベントは今年で19回目。同地域では江戸時代後期から、ひな壇でひな人形を飾る代わりに、天井から赤い糸でキンメダイや香袋など、縁起物に模した飾りをつるす。その歴史は100年以上受け継がれ、女の子の良縁や健康を願って行われる。

 メーン会場である文化公園にある雛の館内には、1万7000体以上のひなが飾られ、会場にはキンメダイのつるしびなや、スワロフスキーでデコレーションされたひななどの変わりびなも。

 会場中心には、長さ5メートル、1対に6409個のひなが付いた巨大つるし飾りと、17段・151体のひな壇が観光客の目を楽しませる。岐阜県から来た60代の女性は「巨大なひな壇は何度も見たことあるが、つるしびなは初めて。どれも表情があり、見ていて飽きない」と話す。

 3月31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング