見る・遊ぶ 学ぶ・知る

伊豆で「パンプトラック」イベント BMXやスケボーの魅力伝える

BMXのアトラクション競技を行う姿を見る、しまやんさん(中央)たち

BMXのアトラクション競技を行う姿を見る、しまやんさん(中央)たち

  •  

 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」(函南町塚本)で7月22日、イベント「函南初登場!パンプトラックin伊豆ゲートウェイ函南」が初開催される。

 沼津エリアを拠点とするBMXパフォーマーやスケートボーダー、DJで組織する「チームLINK」が主催する同イベント。

[広告]

 当日は、自転車、スケートボード、キックスケート用の起伏のあるコース「パンプトラック」(約30メートル)を用意。無料体験できるほか、自転車メーカーによる試乗会、ステージでは日本競輪学校(伊豆市)の生徒によるトークショー、E-BIKE(高性能電動アシスト付き自転車)体験会を展開する。

 パンプトラックは現在、国内外で人気のあるアトラクションといい、県内東部ではチームLINKが「イン・ザ・パーク」(沼津市)で今年2月に行ったイベント以来の設置という。

 チームLINK代表で沼津出身のMBXパフォーマー「しまやん」は、高校時代に出合ったBMXやストリート文化に影響を受け、現在は文化の発信と理解を広げるため、自転車教室やイベントの企画などを行っている。

 しまやんさんは「オリンピックを控え、トラックやMBXやロードなどが地元で盛り上がっている。一方、地元の一般ユーザーには程遠いのが現状。今回は子どもたちを中心に、自転車の楽しさを伝えるイベントにしたい」と話す。

 「高校時代に居場所を失った自分にとって、ストリート文化は自分の新しい居場所となった。一方では危険なイメージのあるストリート文化。自身の活動を通して、理解を広げ、ゆくゆくは東部にもパンプトラックなどを常設できれば。当日は子どもだけでなく、多くの世代の参加者たちとコミュニケーションを図りたい」とも。

 開催時間は9時~16時。入場無料。雨天中止。