見る・遊ぶ 学ぶ・知る

平成最後の奇祭「大瀬まつり」 漁師たちが白塗りで春を告げる

勇踊りを披露する漁師たちと、餅たちを求める観客たち

勇踊りを披露する漁師たちと、餅たちを求める観客たち

  •  
  •  

 内浦港(沼津市内浦三津)で4月4日、「大瀬(おせ)まつり」が行われた。

 海上安全と1年間の豊漁を祈願し、毎年4月4日に行っている同祭。

[広告]

 この日、地元の漁師や地域の在住の男性たちは、おしろいで顔を白く塗り、口紅をひき、ピンクや赤色の長じゅばんを羽織って女装して祭りを進行した。女装した白塗りの男たちが活躍することから「天下の奇祭」といわれている。

 同祭の起源について、地元では、大瀬神社の祭神が男性であるため漁師たちが喜ばせようと女性に扮(ふん)した説が有力とされている。地元漁師の一人は「4月4日は桃の節句と端午の節句の中間。男と女の中間だから男が女装するのではないかとの説もある」と話す。

 平成最後となった祭りは朝、内浦港から船頭部に松の葉やタイやダルマなどの飾り物を付け、大漁旗や紅白幕を立てて豪華に装飾した「踊り船」と呼ばれる船に乗り、大瀬崎にある大瀬神社(西浦江梨)を参拝。1年の豊漁と海上の安全を祈願し、昼前に内浦港に戻った。

 4艘(そう)の踊り船に乗った男性たちは、港に近づくと、船上の漁師たちがおはやしに合わせ「勇み踊り」と呼ばれる地域伝統の踊りを披露。「ちゃんちゃらおかしい、ちゃらおかしい」との掛け声で港をにぎわかし、餅や特産物のミカンなどを港にいる人たちに振る舞った。

 この日踊り船を見学に来ていた金森美空ちゃん(4)は「餅がもらえてとてもうれしい。また遊びにきたい」とほほ笑む。地元出身の母・汐里さんは「船には多くの同級生や地元のなじみが多く、見ていてとても楽しかった。この祭りが来ると春がやってきた感じ」と目を細めていた。

  • はてなブックマークに追加