見る・遊ぶ 暮らす・働く

淡島神社で初詣準備進む 「ラブライバー」向け初詣企画も

ちょうちんを前に絵馬を持つ、藤井さん

ちょうちんを前に絵馬を持つ、藤井さん

  •  
  •  

 淡島神社(沼津市内浦重寺)参道で現在、初詣の準備が進んでいる。

 駿河湾に浮かぶ淡島にあり、淡島弁財天として海上安全、大漁祈願のご利益を祈願して駿河湾の海の守り神としてあがめられてきた同神社。

[広告]

 アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」では物語の舞台として淡島が取り上げられ、メンバーが体力をつけるための特訓場所として同神社の参道を走る姿が描かれた。

 神社では初詣に当たり、同アニメのファン「ラブライバー」の参拝者向け企画として、オリジナル絵馬を販売するほか、神社の参道にオリジナルのちょうちんを掲出して参拝者を出迎える。登場人物9人のイラストが描かれた全120個のちょうちんはいずれも、事前に抽選販売されており、それぞれに購入者の名前が入っている。

 同神社を管理する淡島マリンパーク営業企画課の藤井裕子さんは「幻想的なちょうちんのライトアップが見られるのはこの時だけ。ファンたちと一緒に新年を迎えられるのが毎年うれしい」と話す。

 ちょうちんライトアップは12月31日20時30分~翌1時30分。

Stay at Home