見る・遊ぶ 暮らす・働く

伊豆箱根鉄道に「大祭り」ラッピング車両 夏の大祭に向け三島-修善寺間で運行へ

ラッピング作業を行うスタッフ

ラッピング作業を行うスタッフ

  •  
  •  

 伊豆箱根鉄道(三島市大場)が7月2日、特別ラッピング車両「三嶋大祭り号」の運行を始めた。

 三嶋大社(三島市大宮町)を中心会場に毎年8月15日~17日に開催される「三嶋大祭り」を盛り上げようと企画した同運行。

[広告]

 車両は、内側ラッピングとポスタージャックを施した3両編成と、ヘッドマークと外側ラッピングを施した3両編成の2パターン用意。駿豆線三島駅~修善寺駅間を1日10往復する。

 7月1日は本社内にある車両基地でラッピング作業が行われた。スタッフ4人で行ったラッピング作業は2時間30分ほどで終了した。スタッフの1人は作業を終え、「毎年この作業を行うと、夏がやってきたと感じる」と笑顔を見せていた。

 特別ラッピング車両の運行は8月17日まで。

  • はてなブックマークに追加