食べる 学ぶ・知る

戸田で塩作り体験教室 10月の大相撲巡業用の「塩」に

塩作りを行う子どもたち

塩作りを行う子どもたち

  •  
  •  

 NPO法人戸田塩の会(沼津市戸田)で8月18日、イベント「大相撲秋巡業で使う塩をつくろう」が行われた。

 伊豆半島ジオパーク推進協議会が、地元の小学校高学年向けに企画した同イベント。この日は8組の親子が集まり、会員や地元高校教諭やスタッフたちと塩作りを行った。

[広告]

 イベントに参加した小学生は、会員から塩作りの歴史や特徴などを聞きつつ、実際にしちりんにフライパンをかけて海水を蒸発し、塩作りを行った。

 今回の体験で作った塩は、およそ1キロ。できあがった塩は、10月13日に天城ドーム(伊豆市)で開催される「大相撲秋巡業ジオパーク伊豆場所」で実際に使う予定。西側は同所の塩を使い、東側は東海岸の河津町で製造した塩を使うという。

 塩作りを体験した三島市在住の井口詩乃さん(小6)は「昔からの手間のかかる手法で塩を作って、とても暑かったが、実際の相撲の試合に使われると思うととても楽しみ」と話す。

 協議会の小柴宇一郎さんはイベントを終え、「巡業を通して塩作りの大変さだけでなく、大地の恵みを感じることで伊豆のジオパークである特徴を知ってほしい。参加した子どもたちにいい思い出になってもらえれば」とほほ笑む。

  • はてなブックマークに追加