天気予報

14

4

みん経トピックス

三嶋大社前にラーメン店新店熱海で懐中水泳成人式

駿河湾でイタチザメが捕獲、展示開始 存命で展示は同館初

駿河湾でイタチザメが捕獲、展示開始 存命で展示は同館初

水槽を泳ぐイタチザメ

写真を拡大 地図を拡大

 伊豆・三津シーパラダイス(沼津市内浦長浜、TEL 055-943-2331)で1月8日、駿河湾沖で捕獲された「イタチザメ」の展示が始まった。

 イタチザメはメジロザメ科に分類され、別名「タイガーシャーク」と呼ばれる、どう猛なサメの一種。同館広報担当の春日保さんは「主な生息域は熱帯・亜熱帯で、通常駿河湾で捕獲されることは非常に珍しい。当館の30年以上の歴史で初めての出来事」と話す。

 展示するイタチザメは1月8日朝に内浦漁港で水揚げされた。体長は1.2メートル、推定年齢は1歳という。同館の魚類飼育担当者・水野晋吉さんは「7時30分と早い時間に漁港から連絡が来たため、珍しい物が水揚げされたのだと思ったが、イタチザメとは思わなかった」と話す。

 イタチザメは水揚げ後、水温22度ほどの熱帯用水槽内に移され、ほかの魚と一緒に飼育されている。水野さんは「傷も少なく泳いでいるが、随分と弱っているように見える。できるだけ長く飼育し、その後は研究対象として保存を検討している」と話す。

 広報担当の春日保さんは「暖冬のせいか南北の水温差があまりなく、黒潮に乗ってきてしまったのが原因かもしれない。普段は見られない生き物を間近で見てほしい」とも。

 営業時間は9時~17時。入場料金は大人=1,960円、小人(4歳~小学生)=980円。

グローバルフォトニュース